近ごろ薄毛に悩む男性が急激に増えてきていると言われています。その背景にあるのは、スマホやパソコンを見続ける眼精疲労によって血行不良になることや、仕事と時間に追われるストレスの増加などがあります。

薄毛に悩む人の増加に伴って、さまざまな育毛剤が販売されています。しかし各育毛剤の口コミを調査してみると、効果を実感できたという商品もあれば、気休めであまり効果がなかったという商品や、ニオイが気になって使うのを止めてしまった、副作用があったという商品などがありました。

あまりにも多種類の育毛剤が販売されて、口コミもバラけていることでいるため、どの育毛剤を購入したら良いのか分からずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでこのサイトではおススメ育毛剤だけではなく、育毛剤を選ぶ際のポイントもご紹介します。自分にぴったりの育毛剤を見つけて、間に合ううちに薄毛対策を始めてみましょう。

失敗しない育毛剤の選び方

ネットや雑誌を見ると、数多くの育毛剤が次々と販売されているため、自分の薄毛に合った育毛剤を見つけるのには正しい情報を仕入れることが必要です。

もう少し昔であれば、頭皮や毛髪に塗るだけで効果を得られるというスプレー型の商品くらいしかなかったため、育毛剤選びに悩むことも少なかったのです。しかし最近ではスプレー型以外にも、内服薬として飲む育毛剤や、プッシュして使うノズルタイプの育毛剤なども登場してきました。

また育毛剤の分類としても、医薬品、医薬部外品、化粧品、育毛サプリメントなどがあります。育毛剤選びに失敗しないためには、これらの分類について知っておくことが大切で、効き目や副作用の知識を得て、自分に合った育毛剤を選ぶことができるようになります。

育毛剤の分類について、細かく解説していきましょう。

医薬品

購入には薬剤師の対面販売が義務付けられている医薬品は、高い効果を得たい人、確実に効果を実感したい人におすすめです。厚生労働省が認可した有効成分を配合しています。

医薬品の育毛剤を使うときに注意したいのは、効果が高い反面、副作用のリスクが伴うことです。特に、リアップやメディカルミノキ5に配合されているミノキシジルや、AGA治療薬プロペシアに配合されているフィナステリドといった成分には、症例の見られた副作用が明記されています。

発毛効果や薄毛の進行抑制効果を期待できるものの、肝機能障害や頭痛、かゆみ、むくみなどの副作用リスクが現れたときは使用を中止し、直ちに医師に相談する必要があります。

リスクの高い医薬品の副作用が心配な方、手軽に市販品を購入したい方は、医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

医薬部外品

医薬部外品に分類される育毛剤は、医薬品ほど高い効果は期待できないものの、育毛効果や頭皮環境を整える効果、抜け毛予防などの効果を見込めます。

医薬部外品の育毛剤にも、厚生労働省が認可した有効成分が配合されています。AGAとは薄毛のタイプが違う女性や、頭皮が発育しきっていない高校生は、副作用が少なく、優しい効き目の医薬部外品をおすすめします。

化粧品

化粧品に分類される育毛剤は、高い効果は期待できませんが、含まれる美容成分などによって、育毛効果以外の効果も加わることが期待できます。また、医薬品などに見られる副作用の心配は一切ありません。

ただしその分、効果もあまり見込めないデメリットもあります。

育毛サプリ

薄毛の改善には、頭皮環境の血行促進と、毛髪の健康に良い栄養を摂取することも大切です。

なかでも毛髪の構成要素であるタンパク質やアミノ酸、ビタミンなどの栄養を積極的に摂取する必要があります。

食生活を改善して、これらの栄養をバランスよく摂り入れることは簡単ではありません。外食が多くて自炊ができない男性の場合、栄養に富んだ食事を毎回摂ることが難しいため、頭皮環境は衰えがちです。

そんな方でも手軽に栄養補給ができるのが育毛サプリです。忙しくてもサプリを飲むだけなので、短時間で効率的に、毛髪の成長に必要な栄養を補給することができます。